インフォメーション

院長コラム

「栄養」が毎日の元気をつくります

私は、健康に生活をするために必要なことは、毎日の適度な 運動と心地よい睡眠、そしてバランスのとれた食事にあると 考えています。食事は、体をつくり、動かし、調子を整える「栄 養素」を取り入れるためにとても大切な要素です。健康である ためには、自分に不足している栄養素を知ることで偏った食生 活を改めて、必要な栄養を適量とることが、生活習慣病を予防 して健康な毎日を送るための基本になります。

ちから

エネルギーになるもの(穀類・芋・油脂)

パン1枚、ごはん4杯、じゃが芋2分の1、油大さじ1.5杯

からだ

血や肉となるもの(肉・魚・卵・豆・乳製品・海藻)

肉1切、魚1切、卵1コ、レバー20g、豆腐3分の1丁、牛乳400g、チーズ1切

ちょうし

体の調子を整えるもの(野菜・果物)

緑黄色野菜 [トマト、にんじん、ほうれんそう、かぼちゃなど]
淡色野菜     [キャベツ、大根など]  300g
果物       [リンゴ1コなど]

献立例

「ちから」・「からだ」・「ちょうし」の食品を、かたよることなく組み合わせてとるように心がけましょう。

52img_03